読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆★☆ バシャールからのメッセージ ★魂の家族/初体験/4次元密度/月を活用する/完全版の人間/最新情報発信の”場”★ ..。o○☆*゜¨゜゜

☆★☆ バシャールからのメッセージ ★魂の家族/初体験/4次元密度/月を活用する/完全版の人間/最新情報発信の”場”★ ..。o○☆*゜¨゜゜

May 13, 2017

新しい地球のスターシード達へ

【 魂の家族 】

オーバーソウルとは、幾千あるグループ・メンバーの、ハイヤーマインドの視点を統合させた存在です。

つまり、グループ・メンバーの全ての視点、全ての過去性、全ての未来性を含んでいることを意味しています。

しかも、貴方のオーバーソウルは、時間や空間というコンセプトを通り越した”カタチ”で、コネクションを持つこともあって、直線的に時間を捉える私達には、中々理解し辛いコンセプトかも知れません。

しかし、オーバーソウルが散る前の状態、つまり、一つの統合したエネルギーとして捉えるようになると、グループ内の他の魂と”統合”したカタチで、様々な体験ができるようになります。

また空間と時間の”境目”がブレンドするようになるので、もっと”扱い易い”状態にすることができるようになるでしょうと、バシャールは話しています。

貴方のオーバーソウルの中に含まれるハイヤーマインドの視点は、”今ここ”のみダウンロード可能です。

また、過去や未来を超えたあらゆる”場”に散らばる貴方のオーバーソウル・メンバーは、大きな大きな貴方の”魂の家族”ということが言えます。

貴方がオーバーソウルの視点になると、他のオーバーソウルの視点の体験を、自分のソール・グループと同じように、(家族のように)体験することが可能です。

もちろん、最初に貴方自身のオーバーソウルの視点を掴み、その視点から、他のオーバーソウルとコネクションする必要があるのです。

【 初体験 】

私達は、コントラストの世界に降り立っています。

今までの世界観と、”今ここ”の新しい世界観は、コインの裏と表のように相反する世界観を表しているのです。

古い世界観が物質的脳で造られた社会で、”今ここ”の新しい世界観は、ハイヤーマインドの視点(心)をベースに造られる社会となります。

そして、いよいよ私達は、完全版の自分として、”自立”してゆく世界を体験してゆくようになるという訳なのです。

つまり、今まで拾い集めた”自分のエッセンス”を統合させた自分、つまりは、完全版の自分を初体験してゆくという訳なのです。

現在において、古い世界と新しい世界がゴチャ混ぜに存在していますが、その内、どんどん二極化がエスカレートしてゆくようになります。

しかし、ポジティブとネガティブの二つだけの並行世界に分離してゆく訳ではなく、平行世界はいくつも存在し、貴方のワクワク度数や心のベクトル方向によって、乗る列車が決定されてゆくのだとバシャールは話しています。

80%のワクワク度数の人は、80%のワクワクを持つ人達が搭乗する列車に乗ります。

50%のワクワク度数の人は、50%のワクワクを持つ人達が搭乗する列車に乗ります。

完全版の自分で体験する世界は、貴方の心がナビとなります。

誰のナビも、使えません。

貴方だけにしか機能しない、貴方だけの心のナビを使って、自分の人生をより良いものに構築してゆきます。

ですから、今までの統計を調査し、こっちの道が早いだろうだとか、こっちのがデータ的には確実だというカタチでは、もはや、望む目的地に辿り着けないことを意味しています。

何故かと言うと、地図は貴方の心にインプットされていて、心が共鳴する道が、貴方のゆく道を指しているからです。

貴方の行く道は、誰も示してくれません。

貴方自身が、貴方の地図となるのです。

【 4次元密度 】

物質界はイリュージョンである、ということを”真に”理解できるようになると、現実の世界をまるで夢の世界のように”扱える”ようになるでしょうと、バシャールは話しています。

しかし、”真に”理解するという意味は、本で読み聞いて、頭で納得するという意味ではありません。

貴方そのものの波動内に”組み込まれる”、”刻み込まれる”、または、”ブレンドする”という意味であって、貴方の反応する心にしっくり嵌(はま)り込んでいることが、鍵となります。

宇宙は、貴方の”今ここ”の心の中身を読んでくれますが、貴方の言葉や心とチグハグな思考に反応することはないのです。

毎晩、私達は自分の来た場所、非物質界へ戻っています。

ある意味、毎晩、臨死体験をしているような感じです。

明晰夢を見たことがある人は分かると思いますが、たとえ、現実の世界で大きな困難に直面していたとしても、夢の世界で、その思いに戻ることはありません。

つまり、抵抗波動の全てを、一時的に手放して非物質界へやって来ているので、貴方の”本来あるべく姿”に戻っているることを意味しています。

そして、普段頭を抱える悩みや困難にちょっとでも触れるようならば、一気に物質界に目覚めてしまいます。

貴方の波動が高くなると、夢の世界と現実の世界の波動”差”がどんどん薄くなってゆくことになるでしょうと、バシャールは話しています。

つまり、物質界はイリュージョンであるということ、本来は夢の世界のように柔軟であるということ、即ち、夢+現実の世界=非物質界+物質界のブレンドした世界を、これからどんどん体験するようになるのです。

【 月を活用する 】

月は、コスミック”レンズ”のような働きを持っていて、地球のバランスを整えてくれているのだとバシャールは話しています。

月は、自転せずに同じ側面を見せていることもあって、エネルギーを一定に放出させるのにはもってこいの構造をしています。

また”レンズ”のように波動を増幅させる働きがあるので、強弱があるにしろ、私達の精神にも多大なる影響を与えてくれています。

銀河からやって来るエネルギーを、太陽が受け止め、地球を照らし、夜間に月が太陽のエネルギー(銀河のエネルギー)を、引き続き地球に届けてくれています。

また、ササニ文明のオーバーソウルである三連体トリニティのエネルギーが、月の”レンズ”を活用して、地球に波動を送り込んでくれています。

ですから、月を”許可証”として活用すると、自動的にトリニティのエンルギーにシンクロすることができるようになります。

トリニティーのエネルギーにシンクロすると、ササニ文明のオーバーソウルにアクセスすることになります。

ササニ文明人は、ハイヤーマインドの視点ではなくて、更に大きな視点であるオーバーソウルの視点を持ちます。

そして、この視点にアクセスするということは、他の高次的文明の視点にもアクセスできるようになることを意味しているのです。

【 完全版の人間 】

4次元密度の世界は、既に”今ここ”に存在しています。

しかし、私達の”オペレーション・システム”が3次元仕様のままだと、総合性の問題で、4次元密度を体験することはできません。

それは、ちょうど波動域が違う為に、バシャールや高次的存在を見ることができない原理と同じで、4次元密度から染み出す波動エネルギーさえも、感じ取ることができません。

4次元密度の新しい世界では、”既に確立されているコネクション”と、”意識的”に繋がる世界となります。

つまり、もっと気軽に、非物質界との繋がりを体験できるようになるので、ちょっと目を瞑(つむ)って考えるだけで、”答え”をダウンロードすることができるようになります。

ある意味、バシャールの”教え”が自分の中に組み込まれている、そんな世界観を体験してゆくようになるので、誰かに指示を仰ぐこともありません。

貴方の中に、進むべく道が記されています。

貴方の中に、進むべく道を記す地図が組み込まれています。

そして、貴方の中に、全てと繋がる”扉”が組み込まれているのです。

ですから、貴方が道標(みちしるべ)となって立ち上がる世界となるので、真の自分を表現する世界、次世代的な自分を発見する世界、統合された、今まで誰一人として体験したことのない”自立”した世界を創り出してゆきます。

つまり、本当の意味の、完全版の人間へと進化してゆくことを意味しています。

【 最新情報発信の”場” 】

イルカやクジラは、シリウス文明と深い関わり合いを持っているとバシャールは話していますが、人間界において国や文化が異なれば、関係を持つ高次的存在も変わって来るのだと話しています。

例えば、中東は、オリオン文明と深い関係があります。

オリオン文明は、火星に転生した後に地球へ訪れているので、中東は、男性的な火星の波動をそのまま引き継ぐ地域でもあります。

アンバランスな男性的エネルギーは、紛争や抗争を誘発させ、生存競争の波動域から中々抜け出ることはありません。

しかし、最近では、血気盛んな若いジェネレーションが立ち上がり、女性エネルギーを導入して、中和される方向へと向かっています。

日本は、ネイティブアメリカン(ホピ族)、マヤ文明、アボロジニや古代ハワイと共通する、高次的存在との関わり合いを持ちます。

それと同時に、精霊の存在との関係もあったりと、複数のエネルギーが混ざり合っているのです。

しかし、どういった文明との関係があるのかといった詳しい情報は、バシャールではなく、違うソースから配信されることになっているのだとバシャールは話しています。

アメリカは、最新情報発信の”場”であるハリウッドが存在していることと、アトランティス文明を再現する国ということもあって、最新情報の多くはこの”場”から発信されることが多いのは、その為なのです。

ですから、ダリルを含めたスピリチュアルリーダーの多くがアメリカに住むというのも、全くの偶然ではないということが理解できるでしょう。

【 参考 】